カテゴリー: Diary

日記

怒ってる?

近江舞子

青筋 青色の筋。特に、皮膚の上から見える静脈。

『岩波国語辞典』 西尾 実 P.8

青筋を立てておこる、と云う。擬音語のピキッが付け加えられた漫画をイメージしてまう。”丼”の真ん中の点がない記号が顳顬あたりに書いてあって、怒って表情。生のシーンで青筋を立てておこっている人を見たことない。でも、青筋が立っている腕ならある。その腕を見ると、ああ、生きてるな、って思う。透明感。自分の素足を見ると甲に青筋が浮き上がる。血がドクドク流れている。生命の活動。

Read More

あれ、何色? 青に見えます?

hydrangea

青青 いかにも青いさま。また、一面に青いさま。「ー(と)した麦畑」

『岩波国語辞典』 西尾 実 P.7

青青、青が二つ重なって未熟と未来が待ち構えているわ。色の表現はややこしいおまっせ。青青した麦畑って、あれ、青に見えます? 屁理屈とわかっていても理屈をこねたくなるねん。

Read More

愛嬌たっぷりの耳毛

愛嬌 接する人に好感を与え、思わず話しかけたくなるような親しみを誘う物腰。

『新明解国語辞典 第6版 並版』 山田 忠雄 (3)

愛嬌たっぷりの顔、そんな人に出会うと羨ましい。愛嬌って抽象的だし視覚的やけど、ユニークな基準が何となく頭に格納されとる。その基準を他人と共有するようなシーンになかなか遭遇せん。ああ、そういえば、愛嬌、って単語を会話で使わんな。ご愛嬌はあっても。

Read More