タグ: usability

//に費やした時間とE-mailの終焉

WWW(=World Wide Web)を発明した Tim Berners-Lee 氏へのインタビュー記事。「インターネットを発明したころに戻れるとしたら、何を変えたいか」という質問に対して、同氏は、 “http://” の “//” を必要なかったとの回答。WWWを発明した時、いいアイデアに思えたが現在から振り返ると”//”なしで設計できたはず。”//” をタイプするために一体どれだけの時間を費やし、印刷のためにどれほどの木を伐採したのかと語っています。

The double slash, though a programming convention at the time, turned out to not be really necessary, Mr. Berners-Lee explained. Look at all the paper and trees, he said, that could have been saved if people had not had to write or type out those slashes on paper over the years — not to mention the human labor and time spent typing those two keystrokes countless millions of times in browser address boxes. (Today’s browsers, of course, automatically fill in the “http://” preamble when a user types a Web address.)

via: The Web’s Inventor Regrets One Small Thing – Bits Blog – NYTimes.com

Read More

live without iPhone?

iPhone with MacBook Pro

「持ち運べるモバイルPCに近い」が、iPhone体験は「ノートPCでは味わえない」とも。「ネット人間のわたしがPCを使う頻度が10分の1に減った。一方で、ネットを使う時間は10倍になった。決定的に人生観が変わる」という。「今までこれなしによく生きてこれたなと」

via: 「今までiPhoneなしによく生きてきたなと」──孫社長、iPhone 3GSを猛烈プッシュ – ITmedia +D モバイル

Read More

リニューアルしたいですか?

琵琶湖湖畔

リニューアルをすすめたいサイトは、いくつかあるけど、とりあえず参考までに。

この4月、新しい事業年度のスタートに合わせ、各社のWebサイトが相次いでリニューアルした。ここでは、3月下旬~4月にかけて大規模なリニューアルを実施したWebサイトを編集部でピックアップし、リニューアル前後の画面写真付きで紹介する。最新の企業サイトのトレンドをつかみ、自社サイトのリニューアルの参考にしよう。

via: ASCII.jp:Webデザイン劇的ビフォーアフター09年春版

Read More

uncategorizable something

芝桜?

さまざまな動物の分類を吟味すると、それぞれの大きな群のうちに、多彩ではあるが何となくわけのわからぬ動物種を含む一群がたいていは設けられており、分類学者は一般にこうした群を「屑カゴ」ないし「ゴミ溜」と呼ぶ。「整理学」という書物を参照すると、整理の要諦は、「未整理」という箱を必ず設けることだ、と書いてある。分類が自然に存在する動物群をある一定の見方で整理するものである以上、どのような仕方で自然から群を切り取ったとしても、そこに「ゴミ溜」が残るのは止むを得ず、あるいはむしろ自然なのである。それは、ある特定の見方をとる、ということの当然の帰結、といったほうがよいかもしれない。

『ヒトの見方』 養老 孟司 P.284-285

Read More

揚げ足をとる

27日の土曜日、近江舞子へ行くために近江今津行き各駅停車に乗った。車内にいた2人の女性が、ドアの上に差し込んである路線図を見ていた。停車駅でも調べているのかなと、僕はチラリと女性を見た。「コレ、嵯峨野線や」とつぶやいていた。彼女たちは、雄琴温泉で降りていった。そのあと、比叡山坂本と堅田で、乗客の半分以上が降りた。のぞかな風景が続いた。

湖西線にある嵯峨野線の路線図

堅田駅を過ぎた頃、男性の外国人が、路線図を見ていた。さっきの女性が見上げていた路線図。男性は、車内で爆笑していた5,6人のなかの1人だ。日本語のアナウンスを理解しているのか、それとも、音で聞き分けているのか、いやいや、そもそも男性が何を知りたいかなんて僕はわからないから興味津々で眺めていた。男性たちは英語で会話して爆笑していた。こんなとき英語で話しかけることができたら違う世界をのぞけるなぁ、と妄想していた。

湖西線の車両に嵯峨野線の路線図。めずらしい光景じゃない。湖西線や嵯峨野線は、まだ古い車両(緑と橙)が走っている。嵯峨野線で走っていた車両で、路線図を差し替える手間が惜しいのだ、と推察。物量としての人を減らした結果、想像力を失った。1人の人間が多角的な視点で想像できれば、数分で終わる作業すら惜しい、といったところか。

先ほど、WAKWAKから[重要]と記載されたメールが届いた。件名は、”[WAKWAK-information] 【重要】フレッツ接続用DNSサーバの変更について”、差出人は、”support”とだった。ちゃんとした組織が、意味不明の差出人メールを送信してくるのかとびっくりした。僕は、件名より先に差出人を確認するから余計に目に付いた。

メールを読んで、「伝える」ことの難しさを痛感した。

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

平素は WAKWAKをご利用いただきまして誠にありがとうございます。WAKWAKでは、信頼性向上、セキュリティ強化を目的として、フレッツ接続用DNSサーバの変更を実施しております。DNSサーバのIPアドレスはインターネット接続時に自動で設定されますが、手動にて既存のフレッツ接続用DNSサーバのIPアドレスを設定されているお客様につきましては、新しいフレッツ接続用DNSサーバへの設定変更をお願いいたします。詳細は下記のとおりとなります。

新しいフレッツ接続用DNSサーバはWAKWAKのフレッツ回線からのみご利用いただけます。なお、既存のフレッツ接続用DNSサーバは平成21年3月末を目途に廃止させていただく予定です。該当するお客様は早めの設定変更をお願いいたします。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

「手動でDNSを設定している人」へ注意を喚起するためのメールなのに、「DNSサーバーがいつから切り替わるのか」は記載されていない。注意書きには、

平成21年4月以降は、既存のフレッツ接続用DNSサーバは使用できなくなり、ホームページの閲覧が出来ないなどのエラーが発生しますので、必ず設定変更をお願いいたします。

と書いてあるけど、「いつから」は書いてない。「実施しております」と書いてあるので、すでに切り替わっていると思う。万が一、まだ切り替わっていなければ、DNSの設定を変更すると、「ホームページの閲覧が出来ないなどのエラーが発生」する。DNSの手動設定なんて少ないと判断しているかもしれない。

  • 手動でDNSを設定している人が何を知りたいかを想像していない
  • 手動でDNSを設定している人に何を伝えなければならないかを考えていない

ことが重なるとこうなるのか、と参考になった。

Read More

単純であることの難しさ

整理整頓が苦手だ。対照的に机がちらかっていると、仕事がはかどらない人もいる。『佐藤可士和の超整理術』の写真を見ていると、異次元の世界だと自分の目に映る。混沌(都合のいい単語!)としている机では、何がどこにあるかを映像で記憶するようになる。だけど、拡散が閾値を超えると、探すのに数分かかる。それが数十分になったりすると手間になり、やがて重い腰を上げて、頭の映像と現実の滅茶滅茶のズレを修正する。

雑然とした机

昨日、そのズレを整理していたとき、メモ書きを見つけた。

Leonardo Da Vinci “Simplicity is the ultimate sophistication.”

「単純であることは、究極の洗練である」、明快だ。今年に入ってから、モノを捨てているような気がする。何を持つかより、何を持たないか。振り返って、捨てられるようなモノしか持っていなかったということだ。ホビーなら違う、と思う。あくまで身の回りのモノ。

馬齢を重ねることとリンクするのかもしれない。というのも、一、二年ほど前から管理できなくなってきたなぁと感じ始めた。もう何を持っているかすら覚えていなくて、捨てようとして、「おお、こんなモノを買っていたのか」と気づく。何で買ったのか思い出せないときもしばしば。だから、今は本当に必要かと自問するようになった。対象物を買って、それを使いこなしている姿を明確に描けるかどうか、と検討する。何度も書くけど、ホビーは違うだろう。どうしても手に入れたい、という気持ちがある、と想像する。

机のまわり

「単純であることは、究極の洗練である」ことの難しさ。それは、使いこなせること。自分の意識に問題がある。身近なガジェットで考えてみよう。僕は、Happy Hacking Keyboard Professional2 PD-KB400Wを使っている。シンプルなレイアウトに魅了されて買った。すばらしい。何一つ文句ない。でも、いまだに使いこなせていない。すべてのキーは両手で届く範囲にあるのに、手の動きが追いつかない。僕の動作が洗練されてない。

カメラはK10DとGR DIGITAL IIを使っている。K10Dのレンズは31mmと77mmと40mm。単焦点ばかり。ズームレンズを1本持っているけど、ほとんど使わない。ところが、こちらも使いこなせていない。単焦点を使いこなせていないというよりも、風景を切り取る視点を持っていない。「このカメラを買えばキレイに撮れます!」と宣伝されるカメラで撮影すると、たしかにキレイだ。だけど、何かが違う、とすぐに気づく。躍動感、アングル、立体感、光と影…..。閃き。視点。

HHK Professinal2

現在、ある歯科医院のプロジェクトに参加している。参加するにあたって、Wikiを用意した。Wikiにあらゆることをアウトプットしてほしいと提案した。問題、課題、成果、実践方法、ミーティングの内容、とにかく何でもいい。限られた人員で、限られた道具で、限れられた資金、そして何より限られた時間のなかで、単純であること、メソッドを使いこなせること、そしてすぐに実践できることを考えた。

「単純であることは、究極の認識である」ということを、プロジェクトで伝え続けていきたい。

機能 < デザイン < ブランド

先週の土曜日、ランニングシューズを買った。運動は心臓や間接に負担をかけ、かえって身体を壊すのではないか、と常々疑っている。我ながら今回の行動に驚いた。ここ数年、足腰の筋力の衰えを感じていて、先日の健康診断でも自覚できた。運動指導の先生から指摘された内容と自分の予想が一致していたので、費用対効果に不満はナシ。心肺機能は問題ないけど、足腰の筋力が予想以上に低下していた。あと血圧がやや高めだった(予想どおり)。

Read More