タグ: society

歯科医もワーキングプア

高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院 (光文社新書)

ワーキングプアが深刻なのかと眺めていたら高学歴者(非常に優秀な研究者)のワーキングプアもメディアが報じないところでささやかれ、ヨーロッパでは「千ユーロ世代」が話題にのぼっていたり。で、ついに弁護士はじまったなと思いきや歯科医も。歯科の先生方については何を今さら感が漂ってますが。

歯科業界に限定すればもう少し酷くなるでしょう。需要と供給が不釣り合い。数十年程度先に産科医や小児科医と同じ状況になるまでつづく。ただし、産科医や小児科医ように「やってられねぇや」とつぶやき減っていくかにギモン。あと患者側の認識とシステムに開きがありすぎ。

産科・小児科・救急医療を中心に「医療崩壊」が各地で社会問題化する中、歯科医療がより危機的な状況にあえいでいる。2000年以降の相次ぐ診療報酬のマイナス改定で医療機関の経営が全体的に悪化したばかりでなく、歯科では73項目にわたる保険点数が20年間も据え置かれていることが影響している。歯科医師や歯科技工士らに支払われる診療報酬は先進国に比べ極めて低く、歯科医師の5人に1人が年収300万円以下、歯科技工士の3人に1人が200万円以下の〝ワーキングプア〟状態に置かれているという。

歯科医に広がる ワーキングプア | 医療介護CBニュース – キャリアブレイン

歯科医師の5人に1人が年収300万円以下、歯科技工士の3人に1人が200万円以下。たしかに零細企業や中小企業程度の給料を支払っていたら、個人開業の歯科医院は続けられない。一人開業の歯科医院なら売上の頂点は固定される。青天井じゃない。

Read More

先生、去らないで

日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書)

「医者は、三人殺して初めて、一人前になる。」と帯で社会に衝撃を放った『破裂』の著者、久坂部羊氏がSankei EXPRESSに『断』というコラムを執筆。以下、(法的な問題を委細承知の上で一読していただきたい一心から)全文。『断 – 医師が去るしかないのか』

先日、知人の外科部長が病院をやめた。理由はいろいろあったようだが、医療裁判に巻き込まれたことが大きな原因だ。

彼は肝臓手術の専門家で、肝臓に転移したがんの新しい治療法に取り組んでいた。医療保険ではまだ認められないが、徐々に広まりつつある治療法である。

大腸がんが肝臓に転移して、ほかに治療法がなくなった患者に、彼はこの治療を勧めた。転移の数が多いので、死亡率は20%くらいと説明したが、このまま死を待つよりはと、患者も妻も治療を望んだ。ところが不幸にして経過が悪く、患者は亡くなった。

そこに娘が出てきて、そんな危険な治療とは聞いてなかった、父親を新治療の実験台にしたと言い出し、訴訟になったという。危険な治療であることは本人と妻には十分説明していたが、妻によれば、娘には「かわいそうなので、知らせなかった」らしい。そこで娘を説得してくれればよかったのだが、悲しみに暮れる母親にその力はなかった。

家族にすれば、ほかにも許せないことがあったのかもしれない。しかし、知人としては、患者を救いたい一心でやったことである。症状が悪化したあとも、知人は不眠不休の治療をつづけた。なのに娘はわかってくれない。

裁判は結局、医師側の勝訴に終わったが、知人は多大の心労を追わされた。患者によかれと思ってしたことなのに、こんなにも恨まれ、釈明を求められる。そのことに彼は「もう、いやになった」と漏らした。

大切な身内を失った家族の深い悲しみは、何よりも尊重されるべきである。それは当然のこととしても、何とか患者と医療者の敵対する状況は避けられないのものか。

Read More

マナーに中指を突き立てる

携帯、ヘッドホンは禁止 自転車の運転で新ルール

自転車運転のルールづくりを進めていた警察庁の有識者懇談会(座長・吉田章筑波大教授)は27日、走行中の携帯電話、ヘッドホンステレオの使用禁止、保護者が幼児を乗せる際はヘルメット着用を義務付けることなどを盛り込んだ報告書をまとめた。[…]運転中に禁止、注意すべき事項として、携帯電話やヘッドホンステレオ使用のほか、歩道でむやみにベルを鳴らさないことや、雨天の場合は傘ではなく、雨がっぱを着用することなどを挙げた。

膳所のスターバックスへ向かう道中、自転車に乗っていると見かける。携帯電話で話ながら運転したりヘッドホンを装着している人。正直、こわい。私が後ろから迫っていることに気づいていない。特に、携帯電話の人は突然ハンドルをフラっとさせるからなおのこと。だから賛成かと言えば複雑。

Read More

[Review]: 養老訓

養老訓

養老孟司先生はエッセー色の濃い書籍をいくつも書いていらっしゃる。時々の世相や事件、現象からご自身の見解を短い文章でつづっていく。専門分野の知識をスパイスに。身体と脳を引き合いに言葉を使って切る。例題は違えど解は同じ。同じだとわかっていても読んでいて心地いい。「ああ、また同じか」じゃなく、「おお、この話からいつもの話に達意するのか」と新鮮。以下、他でも目にした「仕事」について。

Read More

[Review]: 脳と仮想

脳と仮想 (新潮文庫)

世情を眺めると嘘から真をとりだす人が現れたなぁと思う。嘘をつく。その嘘にさらに嘘を薄く薄く塗っていく。だんだん”ほんとう”に。ついには嘘が「現実」だと認識。錯覚だよと私には判定できない。知らないわけで。ただおそらく世間は嘘を現実だと認めるわけないだろう。嘘はやっぱり嘘だと糾弾。あたりまえだな。でも、すこし引いてみる。”世情”や”世間”は「現実」だろうか。別に形而上を歩いたり、言葉を遊ぶつもりはない。表裏なき単純なギモン。「現実と仮想」を峻別するのは”何か”?

そもそも、人間にとって、自分の意識がある、ということほど確実なことはないはずである。物質的世界こそ確実だ、という近代科学の世界観は、おそらく公共的倒錯とでもいうべき奇妙なねじ曲がりの上に成り立っている。現実の世界がないというわけではない。現実は、きっとある。しかし、現実自体は知り得ない。私たちが把握できるのは、意識の中の現実の写しだけである。だとしたら、この世界で確実なのは、現実の世界ではなく、意識を持った自分だけではないのか。

『脳と仮想 (新潮文庫)』 茂木 健一郎 P.228

『方法序説』が判断している。疑えるものすべてを廃棄したとき残るものは何か。20世紀、科学は意識から距離を置いた。物質で構成された世界のすべてを数式で表現しうるとした。意識を捨象して。

Read More

[Review]: ぼちぼち結論

ぼちぼち結論 (中公新書)

表題が妙味。2001年から7年にわたって『中央公論』に連載した「鎌倉傘張り日記」が終了した。ここから『こまった人』『まともな人 (中公新書)』が出版された。7年間、日本の社会も変わったし、私自身の意見もずいぶん違ってきたと先生は言う。計3冊の読後感は「ずいぶん違った」と受け取らなかった。ということは、筆者と読者の私に差異がある。この差異がオモシロイ。相手は自分の主張をどう受け取るか? そんなものコントロールできない。そこから伝達がはじまる。

まだなんとか死なずに生きているが、あとは付録にすぎない。もっとも世間がこの先どうなるか、まだ見てみたい気持ちはある。予想通りになったのでは面白くない。予想が当たれば嬉しい。そういう矛盾した二つの気持ちを抱えたままである。

『ぼちぼち結論 (中公新書)』 養老 孟司 P.241

もともと社会的関心が高くなかった養老先生。だけども7年間、あまたの社会的事象を見てブツブツと書いてこられた。どこまでホンネかわからない。養老先生と対談した内田樹先生は、対談の大半を掲載できないとどこかで書いていらっしゃった。ラディカル”すぎる”らしい。編集もできない。ナマをご覧になった声から察するに毒をおさえた執筆なのだろう。それが7年間、自家中毒もころあいかと邪推。

Read More

[Review]: すばらしき愚民社会

すばらしき愚民社会 (新潮文庫)

テレビの司会者とコメンテーターに首をかしげたことありません? 「どうしてこの人にその質問をするのだろう?」とか「どうしてこの人にコメントを求めるのだろう?」って。テレビって素人目にもオカシイことがフツーなの?! たとえば金融の専門家に犯罪とか謝罪会見とか親論なんか尋ねてたり。エエ〜と思うのは、独身の人が親子論を滔滔とまくたてる画面。そういうとき思うわけデス。ひとつの専門的知識を持っている=全人教育を受けたかのように錯覚させるのはどうかなぁと。まぁ、錯覚するのほうにも課題アリですけど。

私は昔から、政治家が政治をやるのは許せるが、学者が政治をやるのは許せない、と思ってきた。同じように、高卒や短大卒の者が仮に知識・教養において劣っていても当然のことだが、有名大学や大学院を出て、なお愚であるとすれば、それをもって真の「愚民」と呼ぶべきである。

『すばらしき愚民社会』 小谷野 敦 P.303

私は大阪経済大学卒業。なので猫猫先生の主張によると三流大学卒。うっ、まさにそのとおり。だから「学士」の称号を与えてもらうのは失礼な話。おまけにそのバカが意見を言うようになってきた。だから始末に負えない。ウンウンそのとおりと納得。どうして納得か? 本書の醍醐味は多数の実名を一刀両断しちゃうところ。それぞれの主張を批評する。その批評たるや容赦なき。批評って難しいですよ、ホント。ってしたり顔で書くコト自体、”バカ”な愚民の証なんですけどね。でもいやマジで、膨大な知性と自己を知覚する叡智を宿していないと批評なんてできやしない。だから得心。

Read More