タグ: management

PDCAからHPRF

知識デザイン企業 P.301

アートカンパニーとは「知識デザイン」する企業だ。知識デザインとは、知識創造×(掛ける)デザイン、つまり<仮説推論思考>と<人工物のデザイン>の融合ーーー現場やモノに接しながらの、モノ=コト同時の創造プロセスである。モノの質だけにとどまらない、人間的な、経験やプロセスの質(無名の質)をも同時にデザインすることである。人々や社会の場に入り込んで、未来を創造・実現しようという志でさまざまな要素を綜合する営みである。

『知識デザイン企業』 紺野 登 P.3

書店に行くと、知識デザインやデザイン思考など、「デザイン」+ネーミングの書籍を見かける。おかげで、デザインと発声したとき、ルックスの意味と受け止められる機会は減った。

Read More

創発を知らない組織の散発

紫陽花

われわれの道徳や生活の大部分は、いつでも義務と自由とが入り交じった贈与の雰囲気そのものの中に留まっている。幸運にも今はまだ、すべてが売買という観点から評価されているわけではない。金銭面での価値しか持たない物も存在するが、物には金銭的価値に加えて感情的価値がある。われわれは商業上の道徳だけを持っているわけではないのである。いまだ過去の風俗を持ち続ける人々や階級が残っているし、われわれのほとんどは一年のある時期もしくはある機会に過去の習慣に従う。

『贈与論 (ちくま学芸文庫)』 マルセル モース P.260

Read More

Why should you?

琵琶湖

問題の解決法が, その現場以外にところで見つかることがある。誰でも, ある場所にいるときに, ほかの場所に応用できるアイデアを思いつくことがあるはずだ。たとえエベレストを登っていようがサウナに座っていようがである。事実, 関係のある場所から外にでるだけで, 新鮮な視点が生まれることはよくわる。類似点をある場所からほかの場所に応用することによって, その関係がわかったり, 情報の理解が深まることもある。庭づくりの教訓を金融分野に応用できる能力は,. 育てるべきだし, また育てることが可能な財産なのだ。

『理解の秘密―マジカル・インストラクション』 リチャード・ソウル ワーマン P.270

Read More

心理学ガクブル

琵琶湖

内面的な体験とか外面的な観察とかいっても、一方だけがあるのではなく、最初から同一物の内外として両方ともそなわっているのである。ただ外部的対象としての観察を精細にしていけば、自ら物理学的世界が定立されることになり、内部的な心の動きとして忠実に表現しようとすれば、心理学の世界に入っていくことになるだけである。両者がもともと同じ源から発していることは、疑う余地がない。

『目に見えないもの』 湯川 秀樹 P.69

Read More

解なし

琵琶湖

たとえば, 人びとが従来の苦いビールに代わる新しいビールの登場を求めているとしても, 「どんなビールを飲みたいか」という尋ね方では消費者にいくら問いかけても答えが得られないことがほとんどです. 消費者は自分の欲求するものを適切に表す言葉を思いつかないからです. そこで消費者調査の過程においてビールの味を表現する形容詞を取捨選択した某社は, 大衆に望まれる「キレ」や「コク」という言葉を発見し, それに見合った商品技術を採用して巨大なシェアを得ました.

『知の論理』 P.224

Read More

Brain weather

iPhone

当て字というか、本来は”能”らしいですが。04/13、夕方からH氏とサイトの打合せ。食事をしながらとのことで、またもやいそいそとお店へ向かう。サイトを起点に話は多方面へ広がる。その中で、僕が気になっていたことを尋ねた。危機感について。

湊かなえさんは2009年本屋大賞を受賞したとき、こう答えた。

Read More

誰がハブ 私が波布 ガブ

皇子山公園

shi3zさんの日記は読み応えがある。タイトルは素敵だし、視点がジーニアスで発想がクレイジー。それでいてクールなパッション。日記の評価ですが。

携帯電話を売ってる人は真面目な人も多いのに、たまにこういう対応をされると本当に業界に失望する。

ちなみにいわゆるソフトバンクショップというのは、代理店が経営しているのであってソフトバンクが経営しているわけではない。

彼らはソフトバンクからブランド使用許可をもらって経営している個人事業主に過ぎないのだ。

だからそれぞれの代理店は独立した会社になっていて、もちろんその中には大きくてきちんとしている会社もあれば小さくてデタラメなところも残念ながらいくつかはあるわけだ。

via: 謝罪という名の押し売り – Keep Crazy;shi3zの日記

Read More