タグ: hardware

元気な時の光景と病の時の幻想

2011年にアナログ放送が終了してデジタル放送へ移行する。その頃にはテレビを廃棄しようと決着した(あとは勇気と実行だけ)。そんなくだらない話よりも、2011年頃の仮想は、どのような映像と言語をデジタル信号に変換してくれるのかなと想像する。

長等公園の裏の山

ルーブル美術館で世界を観賞したい。マチュピチュでタイムマシンに乗りたい。南極で生命を感じたい。気力と体力、そして好奇心を持っていれば実現できる。もし、それを仮想が完璧に再現できるとしたら、周りは反応するか。

「所詮、バーチャルだ」「躰がともなっていない」「脳が錯覚する映像にすぎない」

自然科学の反論もあれば、思想の意見もあると思う。

いずれも、「元気」を前提にしているだろう。あるいは「元気」を忘れているかも。仮に、もし、大切な人が病に倒れたとき、富士山に登りたいと口したとする。2011年、仮想は現実の映像を完璧に表現できた。今でも目にする、巨大な眼鏡付ヘルメットをかぶったら映像が現れる。否、今いる空間がすべて切り替わる。ルーブル、マチュピチュ、南極に。360度。音。

そうなった時、富士山に登りたいという希望を叶えるかどうか。そのやりとりを揶揄するか。

元気か病かによって、現実か仮想を区別する。

トレッドミルはカロリー消費に貢献するだけ、それ以外何の役にも立たないと誰かが言う。実際やっているけれど、そうだと納得。トレッドミルの上で音楽を聴きながら5km走る行為と公園で風を切る音に耳を傾けながら走る行為、どちらが躰に影響を与えているのか僕は知らない。

知らないから想像する。2011年、トレッドミルの上で走っていると、突然、風景が変わる。そこは自分が走りたい場所。四方八方から聞こえる音。映像と喧噪は表現されている。

その時、僕は何を峻別したらよいのだろう。今からとても楽しみだ。

さて日本では?

うがった見方をすればデス。欧米でシェアをしめるHPとDELLはAMD搭載モデルを販売していて安い。で、世界4位の東芝がシェアを奪回しようとして、価格攻勢に転ずる。おりしもメモリー価格が下落傾向にあり、調達コストも引き下げられる。なのでいざ勝負といったところでしょうか。ならお膝元の日本は?

ITmedia: AMD、東芝製ノートPC「Satellite」にTurion64 X2を提供——米国/欧州モデルより投入

AMD製CPU搭載モデルとなる3製品は、いずれもCPUにTurion 64 X2を、チップセットとしてAMD M690を採用するモデルで、東芝では同製品をまず米国と欧州にて投入予定としている。

東芝の心中。

「日本の客はCPUなんて関心ないだろ。Celeronつんどけ。Core 2 DuoならアプリやらワンセグとかOfficeを全部ぶっこんでおいしくいただいちゃいなよ」

ってところなんでしょうか。なんで日本のメーカーは、中指を立てたくなるノートをそしらぬ顔で市場にポン出しするのか。おっ、そういえば、最近発表されたFujitsuのMG、NECのG(タイプJ)にはぐっときた。Y7Aも吉だけど、なんでメモリーの上限が1.5GB?

NASもPCいらず

ITmedia: バージョン1.80からプラネックスのNAS「NAS-01G」がプレイステーション 3で利用可能に

プラネックスコミュニケーションズは、同社製のNAS(ネットワークに接続して利用できるストレージ)キット「NAS-01G」について、本日公開されたシステムソフトウェアアップデート バージョン1.80の新機能である「DLNAクライアント機能」を利用することでの動作検証を終了したと発表した。[…]「NAS-01G」に保存した動画や写真、音楽を、PCがなくてもプレイステーション 3だけで利用することが可能となる。

PS3からLAN上にあるHDD( 『PLANEX DLNA・BT・iTunesサーバ対応 NAS組み立てキット NAS-01G』 プラネックス )にアクセスして動画や写真、音楽を利用できるらしいです。すごい時勢に突入しました。2,3年前なら「えっ、何のこと?」といった感じ。

PC用モニターにPS3をつなげられます。もともとインターネットも利用できるので、これでネット+ゲーム+マルチメディアの「端末」が本格的に登場といったところでしょうか。これが「標準」の20歳以下の若者たちが発想する「世界」はどんなものか、どんどんふれてみたい(笑)

MITSUBISHI 24.1型マルチメディアワイド液晶ディスプレイ「VISEO」(クリアピアノブラック) MDT241WG

5年後のディスプレイは?

今のPC用モニターの5年後は?なんて与太話。

CNET Japan: 薄く、軽く、曲げられるフルカラー有機ELディスプレイ–ソニーが開発

これにより、0.3mmと極薄で軽量、しかも曲げることが可能なディスプレイを実現している。実際に作製された有機TFT駆動有機ELディスプレイは画面サイズが対角2.5インチで、世界初のフルカラー表示に対応。ピクセル数は160×120画素、ピクセルサイズは318ナノメートル×318ナノメートル、解像度は80ppiとなっており、曲げた状態でのフルカラー動画表示も行える。

そろそろ24inch のディスプレイを購入しようかと吟味した矢先にThinkPad X22がご臨終…orz

HDDと本体そのものはいたって元気、でもディスプレイが木っ端みじん。変な虹色がチカチカして映らない。外部ディスプレイを利用すればちゃんと表示される。ああ、終わった。コレ、修理に出すと、バックパネルの交換も含めて10万はかかるだろうなぁと。だったら新しいPCを購入したほうがいいわけで。

で、上のニュース。24inchのディスプレイが当分おあずけになりような予感のなか、ソニーが有機ELのディスプレイを開発したとのこと。なぜ、これがニュースかって?それは、5年後のディスプレイではないかと予測しているからです(笑)

24inch のディスプレイを購入するにあたり、条件は以下

  1. 予算15万以内
  2. WUXGA(1920×1200)表示
  3. できればVAパネルでないもの

この条件のディスプレイを5年程度使いたおしたい思惑。なぜなら、5年後は有機ELディスプレイがが登場しているのではないかと予測したからです(笑)

まぁ、予測なんてまったくアテになりませんが、2011年でしたっけ?アナログ放送が終了してデジタル以降して数年後のテレビも様変わりしているのでは。超薄型の折りたたみ可能なテレビとか。

[2012.01.07]

韓国勢に押され…ソニー、有機ELテレビ撤退 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)