タグ: gadget

何を創っている?

キャラバンへかばんを受け取りに行く。3週間前にオーダーしていたかばんだ。ワクワクしながらお店の階段を上がる。どんなふうに出来上がっているのか、頭の中のイメージとどれだけ違うか、ドキドキ。

お店のご主人は、松山千春にほんの少し似ている(すごく主観が入ってます)。30代っぽい。シャイな感じで、オーダーのときも、積極的に提案されなかった。1人で切り盛りしている。

CARAVAN

かばんとご対面。

オーダーしたかばん

すごく気に入った。メッセンジャーバッグ的な持ち方をしたかったので、できるだけ持ち手を短くしてほしいと頼んでいた。たすき掛けしてみたら、肋骨の横に鞄が密着。ご主人が、「持ち手はもっと短かいほうがよかったですか?」と尋ねてくれた。まったく問題なし。

脇のすぐ下にかばんがピタっとくっつくようなイメージを抱いていたから、ご主人の心遣いが嬉しかった。持ち手が少し長くなったけど、脱着を考えるとちょうどいい。僕が想定していた長さだと、実用には不便だっただろう。ほんとうに嬉しい。

鞄のひな形

形(50パターン)と持ち手(20パターン)と生地(200パターン)を組み合わせて、バッグを作ってもらう。3週間前、僕が選んでいるとき、お店の中には、4人1組の女性客(20代と40代の2組、合計8人)がいて、狭い店内は、ごった返していた。僕はすぐに決まったけど、女性客は悩んでいた。

CARABANの生地

20代の4人組は、夢中になって選んでいた。もう友達のことなんてかまってられないような雰囲気。でも、ときおり「どうするの?」とか聞いてみたり。40代の4人組は、店内に飾ってある完成品の中から選んでいるみたいだった。1人が肩にかけると、3人が一様に「いいわぁ」なんて声をかけながらウキウキしたご様子。迷うだろうなぁ、でも、それが楽しいよなぁ、と観察していた。

CARABANの店内

かばんを受け取りに行ったとき、ご主人はミシンを踏んでいた。店内には誰もいなかった。1人で何もかもしなければならないけど、飄々としている。シャイなご主人が創ったカバンを手に取って僕は喜ぶ。

次のかばんを選ぼうと、生地と形を眺めている間、再びミシンが、ジージーと音を立て始めた。僕の視線は、かばんとミシンを何度も往復する。いつかこんな仕事をすると誓った。今は、何も創っていない。いや、作れない。だけど、いつか、自分の創ったものを手に取る人たちの笑顔と出会う。そんな創作をしたい。

CARABANの店内

ちなみに、創ってもらったかばんの値段は、5,565円でした。とっても素敵なかばんをありがとうございます。すぐ近所だし、近々2つ目をお願いします :mrgreen:

単純であることの難しさ

整理整頓が苦手だ。対照的に机がちらかっていると、仕事がはかどらない人もいる。『佐藤可士和の超整理術』の写真を見ていると、異次元の世界だと自分の目に映る。混沌(都合のいい単語!)としている机では、何がどこにあるかを映像で記憶するようになる。だけど、拡散が閾値を超えると、探すのに数分かかる。それが数十分になったりすると手間になり、やがて重い腰を上げて、頭の映像と現実の滅茶滅茶のズレを修正する。

雑然とした机

昨日、そのズレを整理していたとき、メモ書きを見つけた。

Leonardo Da Vinci “Simplicity is the ultimate sophistication.”

「単純であることは、究極の洗練である」、明快だ。今年に入ってから、モノを捨てているような気がする。何を持つかより、何を持たないか。振り返って、捨てられるようなモノしか持っていなかったということだ。ホビーなら違う、と思う。あくまで身の回りのモノ。

馬齢を重ねることとリンクするのかもしれない。というのも、一、二年ほど前から管理できなくなってきたなぁと感じ始めた。もう何を持っているかすら覚えていなくて、捨てようとして、「おお、こんなモノを買っていたのか」と気づく。何で買ったのか思い出せないときもしばしば。だから、今は本当に必要かと自問するようになった。対象物を買って、それを使いこなしている姿を明確に描けるかどうか、と検討する。何度も書くけど、ホビーは違うだろう。どうしても手に入れたい、という気持ちがある、と想像する。

机のまわり

「単純であることは、究極の洗練である」ことの難しさ。それは、使いこなせること。自分の意識に問題がある。身近なガジェットで考えてみよう。僕は、Happy Hacking Keyboard Professional2 PD-KB400Wを使っている。シンプルなレイアウトに魅了されて買った。すばらしい。何一つ文句ない。でも、いまだに使いこなせていない。すべてのキーは両手で届く範囲にあるのに、手の動きが追いつかない。僕の動作が洗練されてない。

カメラはK10DとGR DIGITAL IIを使っている。K10Dのレンズは31mmと77mmと40mm。単焦点ばかり。ズームレンズを1本持っているけど、ほとんど使わない。ところが、こちらも使いこなせていない。単焦点を使いこなせていないというよりも、風景を切り取る視点を持っていない。「このカメラを買えばキレイに撮れます!」と宣伝されるカメラで撮影すると、たしかにキレイだ。だけど、何かが違う、とすぐに気づく。躍動感、アングル、立体感、光と影…..。閃き。視点。

HHK Professinal2

現在、ある歯科医院のプロジェクトに参加している。参加するにあたって、Wikiを用意した。Wikiにあらゆることをアウトプットしてほしいと提案した。問題、課題、成果、実践方法、ミーティングの内容、とにかく何でもいい。限られた人員で、限られた道具で、限れられた資金、そして何より限られた時間のなかで、単純であること、メソッドを使いこなせること、そしてすぐに実践できることを考えた。

「単純であることは、究極の認識である」ということを、プロジェクトで伝え続けていきたい。

似た者同士のiPhoneショック

今日、この二行のプレスリリースにいかほどのPVがあるのかな。似た者同士の提携報告。

購入する人、購入意欲を持つ人、とりあえず関心を持つ人、それぞれ。購買者数とは違う位相の衝撃を与えそう。なにせキャリアとアプリが「分離」された携帯なので。

この度、ソフトバンクモバイル株式会社は、今年中に日本国内において「iPhone」を発売することにつきまして、アップル社と契約を締結したことを発表いたします。

via: 「iPhone」について | ソフトバンクモバイル株式会社

AppleとSoftBank

  • 二人は創業者
  • 英語で意志決定できる
  • ガリバーを破壊することに執念を持つ

といった似た者同士。何はともあれ、D社ユーザーの私は涙目になりつつも、キャリアの呪縛を解いてほしいのでウェルカム。

Read More

Vista or XP ?!

APPLE MacBook 2.4GHz 13.3インチ 250GB MC516J/A

XPが手にはいるのは今年の7月まで?と書いた矢先に、CNETのほうでも気になるニュース。

Microsoftはすべての人に最新版のVistaへ移行するよう強く働きかけているが、当分のあいだは「Windows XP」がとどまりそうな市場の現状がある。今のところ、大手のコンピュータメーカーは6月にはXPの販売を停止することになっているが、この期限など軽く超えてこの状況は続きそうだ。

via: 「Windows XP」の提供期間、再延長の可能性が濃厚に:コラム – CNET Japan

Read More

携帯電話がパソコンより高くなった

ASUS EeePC MK90 8.9型ワイド プリンセスピンク EEEPCMK90H-PIN003ついに携帯電話よりパソコンの方が安くなってしまった :[

ASUSTek EeePC 701/4GA/512M/JPN/Win/Wが49,800円。DoCoMoの905iシリーズはだいたい52,500円(関西圏のDS)。携帯電話は電話+メール+ワンセグ+GPS+FeliCa+…etc。EeePCは「パソコン」。価格を比較するのはナンセンスだろうけど、ついに逆転したかと。これからキャリアは「月賦でしか支払えないような価格」に上げていって、「月々の支払額を”元”にもどす」方向へ舵をきるかも。49,800円がいかに衝撃か。Eee PCシリーズは発売からわずか5カ月で、ASUSの売上高シェア2%を占めるまでに成長した。日本でも初期ロットは瞬間売り切れ。品薄状態。そして矢継ぎ早に後継機のEcc PC 900を投入。

「Eee PC 900」は、現行製品「Eee PC 701」では7インチだった液晶サイズを8.9インチに変更、メモリーサイズとフラッシュメモリーストレージの容量も増やした。欧州では、4月末に399ユーロ(Windows XP搭載モデル)で販売開始する。発表会ではASUSの担当者が「8.9インチ液晶の採用で1024×600ドット表示が可能になる。これによりインターネットブラウジングの標準環境がサポートできる」と、Eee PC 900投入の狙いを説明した。

via: 【CeBIT2008】ASUSが8.9インチ液晶搭載のEee PCを発表

Read More

PSPで電子メールを捨てよう

PSP「プレイステーション・ポータブル」 パール・ホワイト(PSP-3000PW)

これからはどの携帯でも同じメールアドレスでと書いたら、こんな記事を目にして考えさせられてしまった。たしかに電子メールはもう過去のものになっているかも。

Marks氏は、「電子メールは、一部のユーザーの間ではすでに過去の物となっている。より若い世代のユーザーは、電子メールなど使わない」とし、若いウェブユーザーは、電子メールを捨て、Facebookの内部メッセージングサービスや携帯電話のテキストメッセージに乗り換え始めていると指摘した。「彼らは電子メールについて、受信トレイを埋め尽くす煩わしいスパムに日々悩まされるというイメージを持っている(中略)彼らは、電子メールはあくまで大学や銀行への通信手段と考えている」(Marks氏)さらにMarks氏は、OpenIDのような技術により、最近のオンラインIDは、メールアドレスだけでなく、URLやソーシャルネットワーキングプロフィールなど、他のさまざまな物によって定義付けられるという考え方が広がっていると指摘した。

via: 「電子メールに未来はない」–米国のウェブ専門家らが指摘(CNET Japan)

いま海外のベンダーはOpenIDを提供しはじめている。日本のベンダーも追随。ひとつのIDで複数のIDを認証する。だからユーザーは一度認証してもらうと何度も「ログイン」しなくていい(技術的説明として正しいか不安だけど)。

Read More