タグ: DSLite

WiiとDSをつなげてほしい

Wii(クロ)(「Wiiリモコンジャケット」同梱)

Wiiフィット(「バランスWiiボード」同梱)が盛況のご様子。アマゾンは高値推移。近所のイオンには在庫ナシ。かくゆう私もほしいなぁと指をくわえてMacBook Proの画面をながめる。ううぅ。素人考えですので語弊を多分に含んでいるけど、ソフトが拡張するゲーム機じゃない、と。アイデアが拡張するゲーム機だなぁ。

Wii Fitは脳と身体のバランスをハンドリング。数字は脳、数字の結果を出すのは身体。身体を動かし数字に一喜一憂。ポイントは「身体」。とそんなところに「Wiiプレー後の外科医は訓練で高得点なんて調査結果が出たらしい。ビックリ。

「手術で一番重要なポイントは、小さく正確にコントロールされた手の動きを行うことであり、それこそがWiiをプレーして得られることだ」と、Kohol 氏は同誌に対して述べている(この記事では、直接的に手術を模倣するAtlusのゲーム、『カドゥケウスZ 2つの超執刀』については触れていない)。

ゲームのプログラミングやハードの技術にまったくうといので妄想、でもちょっとやってみる。

Read More

文学全集をDSで読む

DS文学全集

『DS文学全集』 任天堂 にハマった。一長一短はあるにしても2,800円で100冊読めるうえ、これから配信される小説もダウンロードして読める。さっそく『蜘蛛の糸』をDL。もちろん青田。本棚が満杯になれば破棄するか、ほかの人に渡すこともできちゃう。

  • 名作のチョイスがギモン
  • 著者のチョイスがギモン
  • 多少操作性に違和感アリ

もあったりするけど、おおむね満足。あとはもっとも気がかりな点、可読性について。賛否両論かなぁ。デフォルトの設定は文字サイズ”小”。それでも大きい(と思う)。だから一画面に表示される文字数が少ない。かわりにサクサク読めちゃう。でも、苦手な人もいるかと。このあたりどう慣れていくかですね。

Read More