タグ: criticism

100年前にもどった

ポークカレ

−−昔の音楽家にはパトロンがいましたよね

 坂本 20世紀の約100年間が特殊な時代でね。結局、元に戻ったみたいなもんですよ。(音楽家にとって)結局まだ、お金になるのはライブじゃないですか。エジソンが(蓄音機を)発明する前は、音楽は全部ライブ。むしろ、健全な姿に戻っているのかもしれません。

via: 【話の肖像画】音楽は自由にする(下)音楽家・坂本龍一(57) (1/2ページ) – MSN産経ニュース

Read More

一身独立して一国独立する

自宅で育てている花

貧富・強弱の有様は天然の約束にあらず、人の勉と不勉とによりて移り変わるべきものにて、今日の愚人も明日は智者となるべく、昔年の富強も今世の貧弱となるべし。古今その例少なからず。わが日本国人も今より学問に志し気力を慥かにして、まず一身の独立を謀り、したがって一国の富強を致すことにあらば、なんぞ西洋人の力を恐るるに足らん。道理あるものはこれに交わり、道理なきものはこれを打ち払わんのみ。一身独立して一国独立するとはこのことなり。

『学問のすすめ』 福沢 諭吉

Read More

余計なお世話を焼けば焦がしかねない

サンパチェンス

外界の知識(情報)と頭の中の知識(情報)は、どちらも私たちの日常の活動にとって本質的な役割を果たしている。しかし、そのどちらの方をより重視するかは、ある程度は私たちが選択することができる。しかしこの選択にはトレードオフがつきまとう。すなわち、外界に知識を置くということの利点を使おうと思えば、頭の中に知識を置くことの利点が失われる。

『誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論』 ドナルド・A. ノーマン, D.A. ノーマン P.128

Read More

医療は政治に迎合しない

琵琶湖

不幸中の幸いというべきか、毒性は強くありません。しかし、持病のある場合や妊婦では重症化するおそれもあります。また、秋以降に強毒化する可能性も懸念されています。

 このインフルエンザに効くワクチンは当分ありません。発症してしまった人はちょっと辛いのですが、これで免疫を獲得して今後同じタイプのインフルエンザにはかかりにくくなることが期待できますし、公衆衛生的観点からは集団免疫の成立にも貢献することになります。賢く行動してやり過ごしましょう。

via: 保健管理センター:新型インフルエンザに関する緊急情報(第2報) — 京都大学

Read More

ためらわない倫理

琵琶湖

私たちは知性を検証する場合に、ふつう「自己批判能力」を基準にする。自分の無知、偏見、イデオロギー性、邪悪さ、そういったものを勘定に入れてものを考えることができているかどうかを物差しにして、私たちは他人の知性を計量する。自分の博識、公正無私、正義を無謬の前提にしてものを考えている者のことを、私たちは「バカ」と呼んでいいことになっている。

『ためらいの倫理学―戦争・性・物語』 内田 樹 P.42

僕が数週間前に書いた文章を読んで、そんなことを書いたなと思い出し、数ヶ月前に書いた文章を読んで、そんなこと書いたかなと小首を傾げ、数年前に書いた文章を読んで赤面する。バカと出会った。

まるでブロンクス動物園の鏡の間みたい。”THE MOST DANGEROUS ANIMAL IN THE WORLD”と書かれた看板。檻の中をのぞくと自分が映し出される。ウソかホントか知らない。ブロンクス動物園へ行った人へ聞いてみたい。

数年前の自分の文章を読んでバカと出会って赤面。そして、数年前に書いてある文章と今の文章を読み比べて変わっていない脈絡に出会って赤面。成長していない自分、変化のない自分、固着した自分との出会い。

なんとなく混沌。自分が書いた文章は、目の前に現れた時点で他者なんだなぁ。そう混乱してきた。だけど、書かれたことのすべてには、それを書いた誰かがいる。

誰か、は自分。羞恥。

Read More