タグ: cognition

愛嬌たっぷりの耳毛

愛嬌 接する人に好感を与え、思わず話しかけたくなるような親しみを誘う物腰。

『新明解国語辞典 第6版 並版』 山田 忠雄 (3)

愛嬌たっぷりの顔、そんな人に出会うと羨ましい。愛嬌って抽象的だし視覚的やけど、ユニークな基準が何となく頭に格納されとる。その基準を他人と共有するようなシーンになかなか遭遇せん。ああ、そういえば、愛嬌、って単語を会話で使わんな。ご愛嬌はあっても。

Read More

費用に見合ってないと憤る前に

自宅の花

自分の仕事の価値を見定めることは非常に重要だ。原稿料がいくらか、印税がいくらか、そういうことをきちんと認識し、仕事の依頼があったら、最初に金額を話し合ってから仕事を受けるべきである。「お金の話をするのはいやらしい」というのは逆だ。そういうことを言う方がむしろいやらしい。原稿料が5万円なら5万円の価値があるものを作る、10万円なら10万円のものを出す。それがプロではないか。

MORI LOG ACADEMY 13 P.239

Read More

意味はそれを見る人それぞれの目の中にある

個人と同様、集団にも寿命がある。集団は、結成され、拡大し、分裂し、そしていつかは、たとえ外部からの攻撃がなくても、内部から崩壊する。そしてまた、新たな共同幻想にもとづいて再生したり、別の新たな集団がつくられたりするであろう。外敵の侵略はなかったのに滅亡した文明は多々あるが、それはその文明を支えていた共同幻想の崩壊のゆえであると考えられる。

『ものぐさ精神分析』 岸田 秀 P.67

Read More

Next Leadership

知識デザイン企業 P.211

創造には、「体験的認知」と「内省的認知」と共に必要である。

ところが、現代社会は「体験的モード」に過度に傾斜しているとノーマンは指摘する。たとえば「現在の多くの機械とその使い方がうまくいっていないのは、体験的状況に対して内省のためのツールを、内省的状況に対して体験ツールを与えてしまっていることによる」混乱があるというのである。

『知識デザイン企業』 紺野 登 P.165

Read More