月別: 2009年8月

カリスマがIDを布教していたのか…..

散歩道の花

私は「人は霊長類から進化したものではない」と思っていますし、「人は、本来の地球上の生物ではなかったようだ」とも時には思います。
  事実、科学界では「進化論」は、いまや古い考え方として、空虚な理論となりつつあります。私は「インテリジェント・デザイン論」や「創造論」という新しい 考え方の方が、はるかに納得できるのですが、拙著の短い文章(210〜214ページ)を読むだけで、「進化論に疑問を呈する人」が出て来たのにびっくりし ました。時流を感じます。

via: 「進化論」は正しくないようだ  船井幸雄 – アムールティーで元気に!!

人は真っ直ぐ歩けない、を実証 されたり、肥満は脳の老化を加速する と発表されたりするのを、経営者が万が一読んでも、slashdot.jp って何だ? であって、大御所様の方が著名であったりするわけで。これも、「何を言ったかより誰が言った」の典型だろな。経営者のなかには崇拝している人もいて、その方々が大御所様の説法を読むと、IDや創造論を新たな信仰の対象にしかねない。まぁ、布教活動のコツを垣間見られたようで勉強になりました(棒読み)

見方を変えると、日本ではトンデモでも米国ではキリスト教徒相まってIDや創造論を信じる人がマイノリティーでなくなりつつあるとか。実際、現地はどうなんでしょうねぇ。

[Review]: バカ丁寧化する日本語

バカ丁寧化する日本語 (光文社新書)

当然のことだが、相手のことを考えないとコミュニケーションはとれない。敬語はその最たるものだ。相手のことを考える。すなわち、想像力なくして敬語は使えない。敬語が難しいと思えば、普通の言い方に直してみるといい。敬語という化粧をとると真の姿が見えてきて、おかしな日本語や失礼な表現に気づくことも多い。そうしたら直せばいい。そして、必要なら、改めて挑戦すればよい。

『バカ丁寧化する日本語』(光文社新書) P.216

Read More

費用に見合ってないと憤る前に

自宅の花

自分の仕事の価値を見定めることは非常に重要だ。原稿料がいくらか、印税がいくらか、そういうことをきちんと認識し、仕事の依頼があったら、最初に金額を話し合ってから仕事を受けるべきである。「お金の話をするのはいやらしい」というのは逆だ。そういうことを言う方がむしろいやらしい。原稿料が5万円なら5万円の価値があるものを作る、10万円なら10万円のものを出す。それがプロではないか。

MORI LOG ACADEMY 13 P.239

Read More

K10D うらメニュー 1.30

K10D ファームウエア 1.30

以前からK10Dに「うらメニュー」があって、AFのピントを調整できるとネットで公開されてました。ただ、ファームウェアが1.10やそれ以前でないと「うらメニュー」へログインできないらしくて、私のK10Dはすでに1.30にup済。USBでPCへつないで、専用ソフトを使ってK10Dへアクセスできるとか、ファームウエアをダウングレードしてやるとか、手法はいくつかあるようですが、いずれも手間かなぁと思ってパスしていました。そこへ、以下の情報が。

Read More