70%まで落ち込んだのか

最近この手の話題を取り上げていませんでしたが。

Microsoftが「Internet Explorer(IE) 8」の開発を終え、米国時間3月19日に正式版の提供を開始した。

 「Firefox」などのライバルにシェアを奪われるなか、Microsoftはユーザーの中でもとりわけIEの旧版を利用している人々に、新版を体験してもらいたいと考えている。

via: マイクロソフト、「Internet Explorer 8」正式版をリリース:ニュース – CNET Japan

とにかく、IE6を使っている人は移行をオススメします。どうしてもIEを使いたいという人向けです 😎

今もIE6を使わないといけないとしたら、特殊な事情を抱えているのかなぁと。私の場合、検証用(ブラウザの表示を確認する)に一台だけIE6のままです。それもIE Testerのおかげで必要なくなった。あっ、あとWIndows2000とか使っている人はバージョンアップできないか。そうか。そういう問題も残っている。

まっ、ブラウザはIEだけじゃないので。FirefoxGoogle ChromeOperaもあるし、あとSafari4Sleipnirとか。

私は、アドオンの関係でFirefox使い。普段はSafariかCamioかな。WIndowsを立ち上げたときはSleipnirかOpera。

まぁ、とにかくIE6だけはhate 😆

IE8は、「Firefox」だけでなく、GoogleやAppleなどとの競争も激しくなる中でリリースされることになる。Net Applicationsが測定しているIEの世界ベースのシェアは、2004年は90%だったが、2008年末には70%をわずかに上回るレベルまで減少している。

via: マイクロソフト、「Internet Explorer 8」正式版をリリース:ニュース – CNET Japan