文章を書くのに必要な30冊 #3

文章術の本 30冊

#2の続き(#1)。最後のエントリー。あと番外編と爆笑編を書く予定。これだけ読んでるけど、面白い文章を書けません。他人から褒められた経験はありません。もっと読みたいと声をかけられません。それを反面教師にしてください 😆

文章読本 (中公文庫)
文章読本 (中公文庫)

「私は、文章に実用的と藝術的との区別はないと思います」がガツンときた。つべこべとわめかず読めって感じ。

文章読本 (中公文庫)
文章読本 (中公文庫)

同じくつべこべ言わず読めの文章読本大御所。何度読んでも理解に至らず。くやしい思い。

巧みな質問ができる人できない人―問題の「急所」をズバリ突く技術! (知的生きかた文庫)
巧みな質問ができる人できない人―問題の「急所」をズバリ突く技術! (知的生きかた文庫)

これは質問の本ではありません。質問する人は文章を書く人です。それを痛感します。

文章は接続詞で決まる (光文社新書)
文章は接続詞で決まる (光文社新書)

論理学の本を読むと、接続詞恐怖症にかかります。恐怖症を和らげてくれる本です。ほんと、接続詞で文章は決まります。

日本語練習帳 (岩波新書)
日本語練習帳 (岩波新書)

単語を極めたものが文章を制する!

魂の文章術―書くことから始めよう
魂の文章術―書くことから始めよう

これを読んですぐに文章を書きました。「まず書く」という姿勢を忘れていけない。書きまくれ!


人の心を動かす文章術

人の心を動かす文章術

文章を書くのに才能はいりません。「型」を学びましょう。

図解でよくわかる 上手な文章の書き方が身につく法 (アスカビジネス)

図解でよくわかる 上手な文章の書き方が身につく法 (アスカビジネス)

5W1Hを意識して書いていますか?

大人のマナー 敬語の便利帳―意外なことばの落とし穴 (SEISHUN SUPER BOOKS)

大人のマナー 敬語の便利帳―意外なことばの落とし穴 (SEISHUN SUPER BOOKS)

ビジネス敬語、メールの敬語、お付き合いの敬語、電話の敬語。敬語はたくさん。

日本語常識実用辞典

最後、現代用語の基礎知識(1995)の別冊付録。今なら電子辞書があるけど、手元に置いて、さっそ開くのに便利。うんこしながら読んでます。