思考が現象を先行する

大津京のプリュス

人間は主体的に コンテクスト(文脈ないし脈絡)や状況を察知し、その意味を言語化し、ダイナミックなコンテクストの中で持てる知識(ナレッジ)や技能(スキル)を行使していく。つまり、人間の世界は客観的事実ではなく、その都度のコンテクストに依存する「解釈」により成り立っている。

“戦略の本質” P.420

言葉で作った理念は人間に作用しない。思考で作った理念に向かって人間は何を為すのかが現実であり、そのプロセスで生じる行動が人間に作用する。認識が行動を産み、認識が影響を受け、認識が制限を受ける。