時間を奪う無礼

山中温泉

「時間から始めて、僕らの運命を変えろ、災難を篩え」と、その子供らは歌っている。「何処にでもかまわずに、僕らの運の実体と僕らの願望を築け」、人々が頼んでいる。
永遠の奥から来て、君は何処までも行くのだろう。

“ランボー詩集” A une Raison

一体何のためにここにいるのか?

呼ばれたのか?

向かったのか?

時空を歪める必要は?

意志は?