僕は誰?

サスケの『青いペンチ』や『キセキ』を聞いていると”素直”って言葉が突き刺さる。

この声が枯れるくらいに 君に好きと言えばよかった
会いたくて仕方なかった どこにいても何をしてても
この声が枯れるくらいに 君に好きだと言えばよかった
もう二度と戻らない恋 痛みだけがちょっと動いた

心の深いところで繋がっている
言葉にはしないけれどわかるよ
繰り返す輪廻の果て 出会った奇跡 永遠に続く 愛

こんな真っ直ぐに表現できる感性を失いたくない。だけど馬齢を重ねると忘れる。その代わり手にいれたのは愚者。「そんな素直でやっていけないよ、大人は腹芸だよ」とどこかで拒む自分がいて、その気持ちが「人とは違う」方向へ足を運ばせる。たぶん、そこが分岐点。そこから天の邪鬼になれるのはほんの一握り。残りは素直を失い壊れた方位磁石を持ち愚者の棲む場所へ誘われる。そして今の私になった。愚者につきささる言葉。

YouTube – LIFE(Short Ver.歌詞付) / キマグレン

僕らの住む世界はいつもとてもウソだらけ
自分殺して、笑顔作ってる
傷つく事恐れて想い隠す、いつの間にか
分かんなくなった、僕は誰?

素直を抱きしめ続けたい。おもちゃを取り上げられそうになる子どものように大人を睨みつけたい。それは素直じゃなく駄々っ子だよって(笑)

今年36歳、三度目の年男。「傷つく事恐れて想い隠す」のはやめた。そしたら先日、お客さまと飲んでいるとみんなの前で「自分」を出してしまった。顔から火が出た。だけど、そんな自分を認められるようになった。「私」を引き出してくれたのは他者。

「僕は誰?」

2 Comments

  1. 今ちゃん

    最近、私も鷲田先生のとある本を読みながら「私は誰?」を模索中です。

  2. 今ちゃん、コメントありがとうございます。

    次回の宴?!で、「とある本」についてぜひトークをよろしく。あと怖い絵と情の管理・知の管理もぜひ。「私は誰?」ついて呑みましょう。

    僕は誰?と尋ねられたら”I am Santa undegey”かな。イオンで買ったヤツもけっこうイケますので…..orz

Comments are closed.