月別: 2008年3月

NM705iをiSyncで同期

NM705iはiSync Devicesに対応していない。PCならPC Suite for Nokia NM705iをインストールすればOutolook(Express)と同期できるみたい。でも、ネットは集合知。”神”が降臨してくるもので、ハックしていただいてMacと同期する方法を公開している(参照:DoCoMo NM705i まとめWiKi – Mac (Mac で NM705iを使おう!)。

NM705iをiSyncと同期させる手順

  1. Nokia 6120c — dobh’s blogからNokia-6120c.phoneplugin.zipを入手
  2. プラグインの中身を編集
  3. iSyncのプラグインに組み込み

ざっとこんな感じ。2.が山場。ここさえ越えればすんなり同期できる。

2.プラグインの中身を編集

  • 1.からダウンロードしたファイルを解凍
  • フォルダ名をNM705i.phonepluginにリネーム
  • Contents/ResourcesのNokia6120c.tiffを適当な場所にcp
  • Contents/ResourcesのMetaClasses.plistを編集

MetaClasses.plistの「Nokia6120c」を「FOMA.NM705i」に置換(置換後のMetaClasses.plist)。最後のdictタグのicon指定だけ以下。

<dict>
<key>ModelName</key>
<string>NM705i</string>
<key>CompanyName</key>
<string>FOMA</string>
<key>ModelIcon</key>
<string>NM705i.tiff</string>
</dict>

以下の様に書き換える。

  1. Applications/iSyncの「パッケージの内容を表示」
  2. Contents/Plugins/ApplePhoneConduit.syncdevice/Contents/PluginsにNM705i.phonepluginをmv
  3. Contents/Plugins/ApplePhoneConduit.syncdevice/Contents/Plugins/PhoneModelsSync.phoneplugin/Contents/Resourcesに解凍時cpしたNokia6120c.tiffをmv

Contents/Plugins/ApplePhoneConduit.syncdevice/Contents/Plugins/PhoneModelsSync.phoneplugin/Contents/ResourcesのMetaClasses.plistをエディタで編集。「Nokia N90」を以下に置換(これは参照先がN90にしているけど、他の機種名を置換してもいいかどうかは不明です)。あと、オリジナルのMetaClasses.plistを編集するのでcpでバックアップ。

<key>com.FOMA.NM705i</key>
<dict>
<key>Identification</key>
<dict>
<key>com.apple.cgmi+cgmm</key>
<string>FOMA+NM705i</string>
<key>com.apple.gmi+gmm</key>
<string>FOMA+NM705i</string>
<key>com.apple.usb.vendorid-modelid</key>
<string>0x0421/0x0432</string>
</dict>
<key>InheritsFrom</key>
<array>
<string>family.com.nokia.serie60v2.3</string>
</array>
<key>Services</key>
<array>
<dict>
<key>ServiceName</key>
<string>com.apple.model</string>
<key>ServiceProperties</key>
<dict>
<key>ModelIcon</key>
<string>Nokia6120c.tiff</string>
<key>ModelName</key>
<string>NM705i</string>
</dict>
</dict>
</array>
</dict>
  • システム環境のBluetoothで新規デバイスを設定して登録
  • パスキー登録
  • iSyncでデバイスを追加

問題点

  • NM705iのアドレスのフリガナとMacのアドレスブックのフリガナ対応してない(回避策は705NKでググるとヒット)
  • NM705iでスケジュールを入力してもiCalに反映されない(今のところMac → NM705iの一方通行のみ)

まぁ、いろいろと問題はありますけど、これで一元管理にはずみがつきそう。

2年後にSIMロックフリー端末が販売

今朝のテレビで報じていたので読売新聞にアクセスして確認。2010年から日本でもSIMロックフリーの端末が販売されることになりそう。

やっと日本の携帯市場も世界標準に。ユーザーにとって歓迎すべき自由化。端末は高価になるかもしれないけど、ほんとうに気に入った端末を一度購入すれば大事に長く使う。その間にキャリアが「自分にあった料金プラン」を打ち出せば、ためらいもなくキャリアを乗り換えられる。ただし、今のままだと「疑似Eメール(=iモードメールやYahoo!メール)のアドレス」はキャリアを乗り換えるたびに変更せざるを得ない。ただ、これも総務省はメールアドレスが変わらないような案を練っている模様。

でも、2年後にそなえてそろそろキャリアのメールから開放されてもいいかな。今ならGmail。たぶん2年後を見越して同様のサービスを提供する企業も現れると予想。携帯,PC,PDA,iPod touch,ゲーム機…etc ようはWi-Fiを搭載している端末ならAPからいつでもアクセスできる。

2010年ごろにスタートする次世代携帯電話サービスでは、利用者が一つの端末で好きな携帯電話会社を選べるようになりそうだ。

総務省が通信方式(規格)が同じ端末に互換性を持たせる方針であることを踏まえ、KDDI(au)が次世代サービスから独自の通信方式を改め、NTTドコモなどが採用する方式に合流する方向となったためだ。利用者は端末に無関係に通話料金が格安なプランなどを選べるようになり、料金引き下げ競争が活発になることも予想される。

すでに、携帯電話会社間での電話番号の持ち運びはできる。同じ端末から携帯電話会社の選択も可能になることで、携帯電話サービスの自由化は最終局面を迎える。

via: 次世代携帯電話、通信方式統一で端末に互換性へ

次世代携帯電話サービスは「動画」をテーマに売り出すはず。ドコモはGoogleと提携してYouTubeを閲覧できるサービスを開始。帯域を浪費する「動画」へ舵を切りつつある。1%のヘビーユーザーが90%以上の帯域を占める「動画」の領域。SIMロックフリーの端末が販売されるころ、サイトも新しいフェーズを迎えるのかな。楽しみ。

NM705iを購入

昨日DSから予約していたNM705iが入荷したとの連絡。さっそく店頭へ。DSの若い店員さんとのやりとりに首をかしげつつ、オプションを全部お断りして機種変更。

これはマズイと思ったのか、「着うたを一曲ダウンロードしてもらうと700〜800円、着うたフルですと7,000〜8,000円ほどかかりますのでご注意ください」と店員さんからアドバイスをうけ、「パケットオプションはよろしいですか?」と何度も尋ねられる。あと、iチャネルとかも。

Read More

Vista or XP ?!

APPLE MacBook 2.4GHz 13.3インチ 250GB MC516J/A

XPが手にはいるのは今年の7月まで?と書いた矢先に、CNETのほうでも気になるニュース。

Microsoftはすべての人に最新版のVistaへ移行するよう強く働きかけているが、当分のあいだは「Windows XP」がとどまりそうな市場の現状がある。今のところ、大手のコンピュータメーカーは6月にはXPの販売を停止することになっているが、この期限など軽く超えてこの状況は続きそうだ。

via: 「Windows XP」の提供期間、再延長の可能性が濃厚に:コラム – CNET Japan

Read More

[Review]: てつがくこじんじゅぎょう

哲学個人授業-<殺し文句>から入る哲学入門 (木星叢書)

「殺し文句から入る」哲学カフェ。永江朗氏が個人授業を受けるために鷲田清一先生のもとへ赴く。なんと贅沢な。23人の先人が残した「知」をテーマに繰り広げられる喫茶店での授業。小難しい顔で読むのはナンセンスかと思い、スタバでモカを楽しみながら気楽に読み始めた。毎回の「殺し文句」に興奮。エマニュエル・レヴィナスの講義には内田樹先生もゲスト参加。その一幕。

永江 研究室の看板は林床哲学研究室じゃないですか。でも、臨床じゃない哲学ってあるのだろうか。

鷲田 ない。僕の言う臨床というのは現場とかそういうのではないんですよ。他者を論じる時って、まず他者性について考えて、そこから触手を伸ばしてだんだんわかっていくという方法があるでしょう? レヴィナスは逆。いままでわかっていると思っていたことが、ある時、わけのわからないものになっていく。

内田 そうですね。

鷲田 臨床もそういうところがあって。臨床というと、「みんな苦労してはるな。助けにいこか」とか、「ケアしないといけない」とか思うかもしれないけど、僕はそういう臨床ってあんまり好きじゃない。そやなしに、「こんなもんや」と思っていた場所があって、助けにいこうと思って、そこに実際に立ってみると、いままでわかっていたはずのものが壊れていく。それが臨床やと僕は思う。

内田 なんと見事な。

鷲田 臨床って、何か世の中に大変な現場があって、そこに哲学のノウハウを使うとよくなるようにというのとは違うんですよ。身を置いたら、思っていたものが全部壊れてしまうという体験やね。

via: 哲学個人授業-<殺し文句>から入る哲学入門 P.107

Read More

XPが手にはいるのは今年の7月まで?

Vistaへのアップグレードをまったくスルーしている私。『XP SP3』は『Vista SP1』より格段に高速、とのテスト結果はVista SP1の登場を待っているユーザーに冷や水を浴びせたりしないかとヒヤヒヤしております 😀

ただXPもいよいよ死が近づいてきているようで。

XPはプリインストールの形では2008年6月30日まで、最終的には2009年1月31日にあらゆる形式での販売が終了する。サポート期間は基本的には2009年4月14日まで(セキュリティフィックスは2014年4月8日まで提供される)。ようするに、今年7月以降は、XPはかなり手に入りにくくなるということだ。もしXPを確保しておきたいならば、それまでに入手しておいたほうが良いだろう。

via: スラッシュドット・ジャパン | Windows XPの「死」は近い

パソコンを買い換えるなら7月までかもと。というのも、いま日本市場は「ミニパソコン」が花盛り。ASUSTek ノートPC EeePCが販売されてからというもの類似機種が投入されている。いずれも価格は49,800円から100,000円まで。

まぁ100,000円の出費ならMacBookをインストールしてVMWare上でWindows2000でも動かしているほうが気楽なんですけど、49,800円ならバックアップ用に一台購入してもよいかなぁと。

インターネット、メール、会計ソフトを動かすぐらいなら十分すぎるだろうし。外部ディスプレイにつないで戯れてもよいし 🙂

携帯電話と同様、ノート市場も中途半端な機種と投入すると淘汰されそう 🙁

いずれLinux搭載の3万円台後半も登場したり。

国内向け高価格端末 海外向け低価格端末のドコモ?!

携帯電話の鎖国に今さら気づいたと思ったら、ドコモが海外へ逝くらしい。

携帯電話最大手のNTTドコモは22日、2010年までに端末の基本設計を抜本的に変更する方針を明らかにした。

インターネット接続など高度な機能は基本ソフト(OS)から切り離し、同じOSで、通話などに機能を絞った「低機能・低価格」の海外向け端末と、「高機能・高価格」の国内向け端末の両方を開発・量産できるようにする。

ドコモは、設計変更で独自のネット接続サービス「iモード」や携帯に「お財布」の機能を持たせる非接触ICカード技術「フェリカ」などの機能をOSから分離し、OSを簡素化する。新しいOSは、ネット検索世界最大手のグーグルと共同開発した「アンドロイド」を採用する方向だ。

[…]新OSの採用で、ドコモ向け端末を開発・生産している国内メーカーは海外向け端末の開発・量産が容易になる。高機能端末の需要が多い国内向けは、OSとは別にiモードなどの機能を追加して対応するほか、低価格端末を国内に投入する可能性もある。

via: ドコモ携帯、基本ソフトの設計簡素化へ: YOMIURI ONLINE

もう日本は飽和したから海外へ。だけど、国内端末は「全部搭載したまま高値で売るよ」と。記事が本当ならの話ですが。

  1. Symbian OS – Wikipedia
  2. Linux – Wikipedia
  3. Pocket PC – Wikipedia

など、OSの迷走を続け、ようやくメーカーが開発に注力してコスト削減に努めた矢先、今度は「じゃぁ、アンドロイドということで」とまた開発負担を押しつけているように映ってしまう。

モバイル検索サービスでGoogleとも連携したことを受けて、アンドロイドを採用したのかな。で、海外にはアンドロイド採用の安価携帯を販売して、「ドコモは先進的企業です。グーグルのアンドロイドです」を訴求したり。

国内には高価な端末、海外には安価な端末 🙁