35歳ですが関心は持ってますよ 恋空

30歳以上は関係ねぇ!? 「恋空」が大ヒットしたワケ

ガッキーこと新垣結衣さんが主演した映画「恋空」が大ヒットしている。2007年11月3日の公開から5週間で興行収入は32億円、動員数は260万人を超えた。女子中高生を中心とした若い女性が映画館に押し寄せる「恋空現象」が起きている。だが、ネットの映画サイトや映画通の評判は決していいわけではない。そんな映画がなぜヒットするのか?

Amazonの恋空<上> ―切ナイ恋物語のレビューも毀誉褒貶相半ば。映画の評価は「絶賛」と「酷評」の真っぷったつ。

私はいうと読んでないし観てないので、ケータイ小説界隈から距離を置いて傍観デス。

ただ出版業界には衝撃が走っているとのこと。なにせ出版不況のなか、おまけに”ケータイ小説なんて”といくぶん嘲笑気味だったところに、年間売上ランキングベスト10入りだわ、映画は大ヒットだわなわけで。おそらく追随するように「売れる」もの探し、宝物を祭りあげるかのうように続くかと。

買う人や観る人がいるので売っちゃう。ますます拍車が。どっちでもいいですよ、じゃなくて良書や悪書、稀書、奇書、珍本、売り目的、釣り…etc な出版物があってもいいですよ。出版物の洪水は今にはじまったことじゃないわけで。

ただ世代間の断裂がひろがりそうな気配ですね。今までのように幅広い世代に受けるものじゃなくて、ピンポイント、10代向けや20代とか、R35のような 30代やら。となると、「世代」の固まりが特定の場所に居着く。限界集落に募集すれば団塊が大挙して押しかけるとか。同じ現象。

で、結局、「聞く耳もたない」が跋扈しちゃいかねないなんて憂慮したり。余計なお世話か。

余計ついでに、「いや、あの、そんな恋愛なんて、なかなかレアケースなわけで」と中年がぼやけば、「あたりまえじゃないですかぁ、それぐらいわかってますよ〜」と笑顔で切り返して、内心、「うぜえ」ぐらいの”大人”の振る舞いでいきましょう。

まぁ、ホレ、百貨店で試着して中身を確認して全部に同意した上で予約する「福袋」に殺到するぐらいですから。ケータイ小説や映画もご愛敬。

2 Comments

  1. 1年くらい前でしょうか、姪っ子が「これが今一番流行ってて、みんな読んでるねん!」というので上下巻買ってやりました。
    そんなに流行っているなら、と私も読んでみたのですが…

    いやぁ、「これを中学生が読んでいいの?」とちょっと驚きました。さらっと書かれてるけど、かなり過激かと。逆にかなりディープなことをさらっと受け止めているように思えたのもある意味ショックでした。やっぱりジェネレーションギャップ?

    姪っ子は感動して2回読んだそうですが、私は涙の一滴も出ず、「東京タワー」でも泣かなかった私はやっぱり冷たい人間なのかと改めて思いました。確かに可哀そうなんですけど…

    その姪っ子が今は入院中で、暇つぶしになる本でも買ってやろうと思うのですが、先に読んでおかないと不安です。「恋空」の続編も出ているようですが、それはやめて「好かれようとしない」「クローバー」を大垣書店で購入し、現在検閲中です。

  2. y.o.さんコメントありがとうございます!

    現在検閲中ですか(笑) レビューを読んだり映画のあらすじを眺めていると、結構キツイストーリーのようですね。でも、サラっとしているところが受けているとか。

    まぁ、ジェネレーションギャップは致し方ないのでしょうねぇ。親戚の10代、20代の行動に???がいっぱい浮かびます。

    ただ携帯が果たす「裏」の役割はちょっとコワイですね。プロフとか。何もわからない彼(彼女)たちはフツーに個人情報を晒したり、そこに掲載されている情報が「すべて」だと判断しかねませんので。

    と、とこのあたりにして。姪っ子さんへは『夜は短し歩けよ乙女 』なんてのもどうでしょう(笑)

Comments are closed.